後衛型の育成

【1次・2次ダンジョン TLv1〜41】〜長い道のり〜



■善属性
 スカンダロンダンジョン(1次)・オフェイルダンジョン(2次)
■悪属性
 パルセスダンジョン(1次)・クシュロンダンジョン(2次)


《必須スペルスキル》スローフォクダンス/バードヒステリック/サウンドフラッシュ/コンフュージョン

▼善と悪・1次2次は、属性と狩り方がちがうものの、吟の役割はどちらも共通です。

▼基本は「スロー+ヒステリックを絶やさない」です。 
▼併せて、チアフルパフォーマンス-ドラムを。天上ではちゃんと10%増しで入りますのでご安心を
▼混戦気味であれば、近づいてくる敵に +サウンドを。

コンフュージョンは、1次は比較的当たりますが、2次はWISが高くないと当たりません。
ストレスなく連続で当たる最低値は 1次…70以上、2次…120以上です。



【3次ダンジョン TLv41〜】〜更なる高みを目指して〜



■善属性
 ゲヘナダンジョン
■悪属性
 ルミナーダンジョン


《必須スペルスキル》スローフォクダンス/13楽章/サウンドフラッシュ/コンフュージョン/ターンアウェイ(ミュージックコントロール/善)

善と悪では、狩り方が異なります。
基本的な対処法は同じですが、やっぱり違います。

※編集者が悪属性経験しかございませんので、
 悪メインで記述してあります。 お手数ですが、
 善属性での役割の詳細はアスガルドwikiをご覧ください。



■悪属性-ルミナーダンジョン

■共通項目

▼ノーラークの船について
*船は10分置きに運行されていますが、乗船が可能な時間は約2分〜3分です。
 乗り遅れないように★

【例:】緑:乗船可能 赤:乗船不可(運送中)
19:01 19:02 19:03 19:04 19:05 19:06 19:07 19:08 19:09 19:10 19:11


▼アンデット系モンスターについて
*[ドリアード]等のアンデットは、HPへのダメージに加え、MPにもダメージを与えます。
支援守護がガンガン回復しますので、守護のMPの減りが速くなります。

▼その他
*懺悔1のウィルシュラインの混乱は、安定・混乱防御武器等の混乱防御が通用しません。
*パストール・ウィルシュラインはインビジを見破ります。
*パストール・ウィルシュラインの中には、コンフュージョンの通用しない個体がいます。
 通称「ボス」と呼びます。
 ログに「このモンスターには効かない!」と出ますので、サウンドを!
*パストールの毒解除が比較的早いので、コンフュ→13で解除封じを。


■PTでの狩り
*PTでの狩場は 懺悔2・3・4になります。
吟遊詩人は、陣の外側を任されることがほとんどなので、HP・AAR・AC装備にして
向かいましょう。

*残念ですが現在の傾向として、神秘支援守護を所持していないと
参加を断られる場合があります。

※この記述は私の体験を元に書かれております。
 それぞれの敵への対応はまだマニュアル化されておらず、人によってまちまちですので
 参考程度にご覧ください。特に懺悔4は。



【懺悔2】----------------------
小人数・中規模PTでよく選ばれます。

▼全ての敵に13楽章・スローを切らさないようにしましょう。
 PTに盗賊さんがいる場合、トクシンとかぶってしまう場合があります。
 しかし13の方がスペルとしては上位でトクシンに上書きされますので、
 気になるけど気にしないでおきましょう。 
 トクシンは、削りは少ないけどHITも下がるので、トクシンに態々上書きする
 必要はありませんっす(゚ε゚)

パストール神秘守護を狙う場合がありますので、気をつけてください。
 また、HPがやたら多い(3,500,000)ので、13を絶やさないように!

[聖や魔のいない中規模PTの場合]
 釣ってきた[ドリアード]は別ですが、戦闘中に新たな[ドリアード]が近づいてきたら、
 コンフュで同士討ちをさせましょう。(前述の理由から、13で弱らせておいて素早く処理するべき敵だからです)

[聖や魔のいる大規模PTの場合]
 陣を組んでのPTの場合、カピオにはコンフュorサウンド魔術師さんからターゲットを逸らしましょう。カピオの遠距離は300〜400程、火山洞窟の鳥の遠距離と同等です)



【懺悔3】----------------------
中規模・大規模PT・聖が2名以下のPTでよく選ばれます。

▼全ての敵に13楽章・スローを切らさないようにしましょう。(以下略)
[カピオ][パストール]への対処法は2と同じです。
アヌビアスの存在は空気



【懺悔4】----------------------
大規模PTでよく選ばれます。吟が2名いることが多いです(敵補助役・味方補助役)

▼まず、吟遊詩人は、コンフュージョンで部屋の中の掃除を頼まれます。
 リーダーに陣の位置を聞いて、入り口〜陣地点とその付近を重点にコンフュで同士討ちさ
 せましょう。サポートのカムフラジュ賊さんがいる場合もあります。
 
 部屋の中の敵のほとんどがインビジを見破ってきます。支援いないと即墓ですよ! 
 一人ドアに入ってゆく吟遊詩人がなんかかっこよく見える瞬間です。

▼掃除が終わったら出て報告。 掃除役の吟遊詩人→前衛→後衛 の順で入ります。
陣を組み終わったら、同士打ちをしている敵をターンで解除して周り、狩りを開始します。

▼全ての敵に13楽章・スローを切らさないようにしましょう。(ry
パストール・カピオは同じ。シェルクリープ13だけでOKです。イカは干しておきましょう。

ウィルシュラインは、神秘守護に食らいかかる他、瀕死になるとエクスターミネーションを連発してきます。
特性上、13楽章は事故の元になります。なるべく、入らないように気をつけましょう。

 コンフュで画面内の全ての動きを封じるのも策ですが、個人的にはオススメしません。
 コンフュを入れてしまうと、解除後にターゲットが変更され、支援守護に食らいかかる危険性が増す為です。(解除時点で同士討ちをしていればいいんですが…)

 また、コンフュのエフェクトは、かなりPCに負担をかけます。中程度のスペックの人はラグりやすくなりますので、結構危険です。
範囲を打っている魔術師さんにターゲットをゆだねるのが良いと思います。

*大変難しいですが、前衛さんが相手にしているウィルシュラインのみに13・コンフュ・サウンド・スローを入れ無力化&弱体化しましょう。
 前衛が見えないことがほとんどですから、スペックの許す方はギルド表示をONにし、前衛さんの動きを追いましょう。
*表示ONができない場合、もう延々と全てのウィルシュラインに入れ続けたほうが安全です

▼味方補助役が回ってきた場合、チアフルドラムを切らさないように頑張って補助をしましょう。余裕がある場合、スローや13を行うと敵補助役の方が楽です。(あくまで味方補助役なので、これを気にしすぎて補助をおろそかにしないように!)
オールなんかものすごく切れやすいです。



【アセラ討伐】----------------------
▼気をつける点は特にありません。殲滅力維持の為、補助とスローを切らさないように。
なかでも、プロテクトコーティングが発動される後半はインクリースヘルスを必ず!


関連:
吟遊詩人の育成 レベル1〜
吟遊詩人の育成 レベル80〜

★トルバドールTop へ